UNITEN

フラン

Last edited by  リシレ

声 - 國立幸

炎の属性:霧所持リング:霧のヴァリアーリング、666のヘルリング所持匣:霧属性?個(ベル先輩型囮匣含む)幻術の使い手で、10年後の世界でのマーモン(バイパー)の後任のヴァリアー幹部。ベルに無線内蔵のカエルの帽子をかぶらされており、そのせいかベルにはよく「カエル」と呼ばれている。一人称は「ミー」。語尾を延ばす(「 - ですー。」等)口調が特徴。しかも棒読み。慇懃無礼な毒舌家で、やる気のない態度をとっていつもヴァリアー幹部を苛立たせている。XANXUS以外のメンバーに面白みのあるあだ名をつけている。背中にナイフを何本も突き刺されてもなぜか出血しなく、反応も無機質である(涙を流していたので不快ではある様子)。復讐者をも欺くほどの腕を持つ世界に3人といない幻術の使い手であり、幻術の師匠は六道骸で、白蘭によって窮地に追い込まれた骸の脱出を手助けし、骸の脱獄にも一役買っている。コミックス25巻「ルッスーリア3丁目」において、プロフィールは「TOP SECRET」となっている。ヴァリアー入隊の経緯はスカウト(本人によると人さらい)。匣兵器とそれを開けるリングを持っているが、本人の話では開匣には決めポーズが必要らしく、カエルの帽子のせいでポーズに組み込まれている「両手を上げる」ということができないせいで開匣できないらしい(ベル先輩型囮匣は普通に開けられていたが)。ポーズ方法は「両手を前に、右手を上げて、左手も上げて、ハァ~、開匣!!」になる。イタリア戦線では、ベルと共に拠点の古城から南地点でジル達ミルフィオーレ隊員と戦闘を繰り広げ、ジルの攻撃から幻術でベルを守った。その後M・Mを訪ねて(その際ルッスーリアにはW・Wと間違われていた)ヴァリアー本部を離れ、M・Mや犬・千種らと合流、経緯は不明だが(幻術によりミルフィオーレの使者になり済ました模様)復讐者の牢獄から師匠である骸を救い出し、3人の真6弔花との戦いの最中に姿を見せる。


フランのサークルメンバー

フランの順位をチェック

コメント
(この項目に投票したユーザーのみ投稿できます)

UNITEN  2年前
Uluさんが「フラン」のサークルに参加しました!

コメントは新しい順に1000件まで表示されます。