UNITEN

ベルフェゴール

Last edited by  リシレ

声 - 藤原祐規

ヴァリアーの幹部の一人。通称・ベル。名前の由来は旧約聖書『民数記』第25章に出てくる、七つの大罪に比肩する悪魔の一柱の「怠惰」「色欲」を司る悪魔の名からである。通り名は「プリンス・ザ・リッパー(切り裂き王子)」。王冠(ティアラ)を被り、目は前髪で隠れていて見えないが、ルッスーリアによると、涼しげで優美らしい[。隊服の下にボーダーの服を着用している。年齢は16歳。とある国の王子だが、出身国は非公開(本人によると国連加盟国)。12月22日生まれの射手座。AB型。身長170cm、体重58kg。好物は寿司。好きな飲み物は牛乳。好きな言葉は「王子」。嫌いなものは自分より生意気な奴。趣味は地元の殺し屋殺し。フゥ太の財布にお金が入っていないマフィアランキングでは第一位(理由はカードしか持ち歩かないから)。武器は鋭いナイフとワイヤー。ヴァリアーの中でも一番の天才であり、こと戦闘に関してのみならば最も才能があると言われている。王族の血を引いているものの、常人離れした戦闘センスを持て余し、8歳で自らヴァリアーに入隊した変わり者。口癖は「だってオレ王子だもん」。「うしし」などの相手を小馬鹿にしたような笑い方をよくする。一見すると無邪気に見えるが、実際は邪気の塊のような性格であり、遊び感覚で人を殺すが、非戦闘員に関しては面白くないので手を出さない。小説版では、リング争奪戦の合間に山本武の父で元殺し屋の剛を殺しに訪れたが、成り行きで刺身さばきの対決を繰り広げたことがあり、その影響か好きな食べ物が寿司になっている。過去に自分の双子の兄(ラジエル / 通称・ジル)を「ゴキブリと間違えた」と言ってメッタ刺しにして殺しており、自らの血を見ると半狂乱的な状態になる。また、雲雀と戦った際に「自分の血を見て本気になるのも悪くないけど今は記憶を飛ばしてる場合じゃない」と言っていたことから、記憶は飛んでいるものの、自分が血を流すと興奮することは自覚している。


ベルフェゴールのサークルメンバー

ベルフェゴールの順位をチェック

コメント
(この項目に投票したユーザーのみ投稿できます)

まだコメントがありません